iPhoneでPCのようにWEBを観る

iPhoneにはサファリというブラウザアプリが搭載されています。サファリはMacやPCで使えるWEBブラウザのiPhone版です。

iPhone6sの発売日情報について詳しく解説しております。

通常の閲覧ができるだけではなく、PCやMacのサファリとブックマークなどの共有もできる優れたアプリです。

iPhoneにはこのほかにグーグル製のCHROMEと呼ばれるWEBアプリがありますが、WEBブラウザとしての基本的なエンジンは共通です。

ただし、クロームはGoogleのアカウントを利用してPCやMac向けのCHROMEとデータ共有が可能です。

このほかにもいくつかWEBブラウザアプリが用意されています。

どのWEBブラウザアプリを利用してもPC向けのサイトは見られるのですが、注意したいポイントが2つあります。1つはJavascriptでの制御されたサイトは見られない、もしくは、動きが無いサイトになってしまうということです。
HTML5とJavascriptによってサイトに動きをもたせる場合がありますが、iPhoneのサファリでは動かない場合も多く、その場合は静的な情報だけが表示されることになります。

注目のiPhone6sの予約サイトが一番おすすめです。

もう1つはフラッシュです。
フラッシュは現在でも使われているサイトに動画やアニメーションなどを追加してくれる機能です。

iPhone6sサイト利用者からとても評判です。

ただし、iPhoneはずっとフラッシュに対応していないのでフラッシュを利用しているサイトはほぼ見られませんが、動画サイトなどのようにHTML5化してくれていれば観ることが可能です。