iPhoneが固まってしまったときの対処法

iPhoneは、電池を取り外したりすることができないため、電池を取り外して強制終了をさせるといったやり方をすることができません。

そのため、iPhoneが固まって動かなくなってしまった場合の対処法があります。

iPhone6sの予約に関する情報収集をサポートします。

まず、スリープボタンとホームボタンを同時に長押しする方法があります。

次に、スリープボタンが陥没してしまった場合には、ホーム画面から設定、一般、アクセシビティの順番に押したあと、AssistiveTouchをオンにすると出てくる白い丸をタップし、デスババイスから画面をロックを長押しすることで強制終了することができます。

iPhone6sの最新情報が知りたい方にはこちらです。

iPhoneの画面が完全にフリーズしてしまった場合、全くボタンが利かない状態になってしまった場合に、その二つの方法でも強制終了することができないという状態になってしまう場合がたまにあります。

安心安全のiPhone6sのスペックを調べるならこのサイトです。

そういったときには、とにかく放置することで解決することができます。

放置をすれば、そのうち電池がなくなり、勝手に電源が切れます。電源が切れた状態から、再び充電をしてから電源を入れて試してみると治る可能性があります。何度も試してみた結果、強制終了をして再起動をすることを繰り返し試してみる、もしくはお近くのAppleStoreで相談してみるのが最終手段となります。
AppleStoreはインターネットで検索をするなどをすれば調べることができます。
最終的には、修理が必要となることもあります。